<   2013年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
日記 May 2nd
最近はあまり体調が良くない。朝起きたら疲れてる。今から十数時間横になることも出来ないなんて絶対無理!って思う。まぁ何とかなるんですが。この症状名付けて「米倉涼子状態」(笑)最近やってるのか知らないけど、QPコーワゴールドのCMからとった。
ちょっと前に若者に蔓延しつつある新型うつ病っていう記事を見た。仕事になるとうつ状態になるんだけど、休みの日や遊びに行くとなると治るのだとか。本気で言ってるの?って爆笑した!でも今の自分多分それだわ!(爆)




最近はアベノミクスでデフレ脱却を目指すも株価暴落とか米兵は風俗に行けとか目まぐるしくてよくわからない毎日なんですけど、デフレはまだHotto Mottoで続いている。ボクは週に一回。いや二回か三回くらいお世話になってて、ほぼのり弁しか買いません。そののり弁が数週間前3日くらい期間限定でドえらい金額だった。驚愕の220円。普段は270円ってそれでも爆安なんだけど、だいじょうぶなの??まぁ他の見知らぬ弁当屋でこの金額だったら間違いなく買ってない。怪しすぎる(笑)そういえば、30代に突入してから数年、何たら焼き肉弁当とか一切買わなくなった。お弁当はのり弁か幕の内に限る。(ほっともっとの値段はランチタイムです)






先日北の国から83冬と84夏を見た。見るのは2回目なんだけど、内容はほぼ忘れていた。84の方はホント名作だと思う。純と蛍からは叔母にあたる雪子(竹下景子)が一度は結婚を決めかけた草太(岩城滉一)との結婚はやめて元不倫相手(村井国夫)と結婚することになった。そのことに五郎は「納得いかねーよ雪子ちゃん…」とか言って微妙な空気の中、雪子は富良野を離れる。でもボクは思うんだけど、こと恋愛に関しては自分の気持ちに正直に突っ走るのが良いと思う。それがまわりに批判されてもあきらかに間違っていても。気の向くままが良いと思う。その方が後悔は少ないし、失敗しても納得できる。五郎の気持ちももちろんわかるけどねぇ。
で、五郎苦心の作丸太小屋が火事で全焼する。原因は純と居候の同い年の正吉が雪で濡れた服を乾かすために撒きストーブの上の網に干すんだけど、それが落ちたかで引火〜全焼。後の警察の事情聴取で純は何も知らないと嘘をつく。でも正吉はストーブの上に服をのせたけどそれが原因かもしれないと本当のことを言う。すると町には噂で原因は正吉ということが広まってしまう。他にも東京から遊びに来た中畑のおじさんの甥っ子をいかだに乗せてそれが転覆。純と正吉はその子を放置したら肺炎で入院してそれも純は責任逃れして全部正吉のせいにする。そしてクライマックスの有名な「子供がまだ食べてるでしょうが!」のシーンになるわけだけど、そこで純は五郎に今までのことを全部正吉のせいにしていかに自分は卑怯者かってことを涙ながらに懺悔するんだけど、これは名シーンですね。ボクも思わず落涙を許してしまった。このドラマって「子供の頃そう思ってた!」とか「そういう気持ちだった!」っていう奥深くに眠っていた記憶ををまざまざとよみがえらせてくれるところが素晴らしい。
今回の純が懺悔するシーンを見て思い出したことがあって、ボクが小学3年くらいの時に自転車に乗っていて結構大きな道をクルマが来ていなかったので信号無視をしました。そこから家に着くまでの間、ピュアだったボクは悪いことしてしまったと自責の念にかられて、家に着いたら母親に泣きながら「信号無視をしてしまいました」と懺悔したのだった(爆)たまたま祖母も来ていて励ましてくれた記憶が甦った。良い子だったなぁ俺!みたいな(笑)

しかし純役の吉岡秀隆だけど、凄い子役ですね。
f0161788_21181498.jpg

[PR]
by silverwing95 | 2013-05-29 21:25 | diary
日記 May
3月くらいに書いた記事で、道路で自転車とクルマの人が揉めてて、マジギレしてる人は見てて恥ずかしいかも。なんて書きましたが、まさかの続報がある(笑)ある日、前に揉めてる現場を見た場所から一駅か二駅くらい離れた場所で、また中年男性と自転車の人が揉めていた。今度は警察官が4人も来ていて相当長い時間やりあってる様子。これを横目で見ながら、そういえば似たようなこと前にブログに書いたなぁ。と思った瞬間思い出した。その中年男性、前に揉めてた人物と同じ人だった。ボクは一体どういうコトなの??って頭フル回転させましたが、答えは何てコトはなく、コイツはただのキチガイってことだった。とにかく自転車が嫌いなのだろう。あんなに狂ったような大声で口論するんだから気が狂ってるとしか言いようがない。あんなのにからまれたらタマンナイ。とにかく謝って逃げるしかないだろう。それかこっちもキチガイになる(笑)
でもこういうヤツにかぎって実は自転車が好きで休日になるとロードバイクとかに乗って今度はクルマに文句つけてたりするんだろうな。恐い恐い。



先日、あの巨大なクルマポルシェカイエンが狭い交差点でUターンをしようとしていた。対向車がいなくなってUターン開始。ボクは切り返すもんだと思っていたらイッパツでUターンして行った。その瞬間思わず「ウッソー!!!」とか言ってしまったんですが、小回り効くんですねカイエン。最小回転半径調べてみると5.6mとか。でもあの交差点でイッパツでUターンは5m以下な感じなんだけど、それはないかぁ。カイエンのあの巨体で5.6mは凄い数値ですよね。でもパナメーラは5.1mだし。この巨体の2台はきっと運転しやすいんだろうなぁ。ボクの全長4.5m、全幅1.8m、WB2.5m以上のクルマは運転しにくいっていう固定概念そろそろ崩さないとなぁ(笑)



車税の季節ですが、ダウンサイジングが旬な今日この頃、ジャガーのXJとミニが同じ税金って凄いというか変な時代だと思う。アンチダウンサイジングってわけじゃないけど、この税金の区分もそろそろ考えて欲しいような気がするけど、やっぱ考えなくていいです(笑)だって古いクルマますます不利になりそうだから!まぁ大排気量がエラいなんて時代は過ぎ去ったのかもしれませんが、4気筒のXJとかメルセデスのSクラスかぁ。と、遠くを見つめるばかりなのであった。

f0161788_22395999.jpg

[PR]
by silverwing95 | 2013-05-22 22:50 | diary
ozzfest japan
先日、オズフェストジャパンに行って来た。まぁ何とも独特なラインナップで、チケットが売れてないとの噂がある中、まさかの桃黒投入で物議を醸し出したと思ったら、桃黒出る日SOLD OUT。ボクは都合で一日目は行けなかったんだけど、正直言って見てみたかった(笑)マキシマムザホルモンも見たかった。(無茶苦茶かっこいいバンド)二日目のメインはモチロンブラックサバスなわけですが、その前にアンセムが登場。この日のアンセムのライブは非常に重要なライブだった。ボクの心の師匠、柴田直人が癌からの復活ライブだった。去年柴田さんが初期の胃癌と公表した時、ボクはパソコンの前で固まった。もうショックで頭の中真っ白になった。初期の癌だからと言ってどれだけの人が命を落としたか。とにかく助かってくれという思いしかなかったんだけど、短期間で怒濤の復活を遂げてくれて半年でシーンに帰って来てくれたイッパツ目のライブが今回だったのだ。とにかくまたこれからアンセムのライブで一緒に歌って盛り上がれるんだ!と思ったら嬉しくてどうしようもなかった!今回のライブも盛り上がったし、これまでアンセムを知らなかった人が興味持ってくれたら嬉しい。5人〜6人はいるでしょ。(少なすぎ?)

興味のないバンドが続いたりして、友達と喫茶店に入って駄弁ったりしてたら夕方になってた。夕焼けが凄く綺麗で、そよ風も気持ちよくて最高の季節。ホントはTOTOでも聞きたい感じだったんだけどブラックサバスだ(笑)前もオジーを見たときの感想を書いたことがあるけど、やっぱ最高にカワイイ。動きが面白すぎる。それに意外と声出てるんだよねオジーって。ある所まで衰えたらそこから変わってない。っていうか90年代とそんなに変わらないと思う。バケツの水を撒きまくったりするパフォーマンスはなかったけど、最高のエンターテイナーだった。トニーアイオミ先生のギターは唯一無二の音。やっぱサバスのリフって凄いなぁと思った。よく考えたな!ってリフが山程ある。曲展開とかもプログレしてる曲もあるよね。天才的な人だよアイオミ先生。

しかしドラマーは違うとはいえオリジナルのブラックサバス初来日のチケットが売り切れないっておかしいよなぁ。たった一万四千円で伝説を見れたボクはこの日のことは忘れない。
f0161788_22325528.jpg

[PR]
by silverwing95 | 2013-05-15 22:33 | ROCKS
ディアブロ
先月じゃなくもう3月の話しですが3/25売りのカーマガジン、アストンと箱車特集だった。立ち読みしながら、今月はスルーだなと思ってたら、カウンタックからディアブロになる時代というか、ディアブロ誕生秘話的なやつ載ってて速攻レジに持っていった。ディアブロはおなじみのガンディーニデザインなわけですが、ディアブロ開発途中からクライスラーに親会社が変わって、デザイン変えられてそれに怒ったガンディーニがあの伝説のV16横置きお笑いスーパーカーことチゼータをデザインして、これがディアブロの本当の姿と言ったとか言わなかったとか…。っていうのが、ボクが知ってるディアブロ誕生の話しだったんだけど、まぁそんな単純なわけがなく。

カーマガジンには当時のプロトタイプの写真や絵が満載。ディアブロに関わった人たちのインタビューを読むとガンディーニのデザインをクライスラーが勝手にいじってデビューさせたわけでは全然なくて、クライスラー側とガンディーニでデザイン戦争と言ってもいいやりとりがあったのだった。そのデザインは基本ガンディー二が作ったモノなんだけど、ガラスの形やバンパー、特にリアのクォーター部分のデザインの意見が分かれたのであって、ガンディーニデザインに違いは無い。がしかし、ガンディーニ案とクライスラー案見たけど正直言って採用になったクライスラー案のが絶対良いと思うなボクは(笑)そのデザインのGOサイン出したのってリーアイアコッカだったんですね。知らなかった。カウンタックの後継を作る時にガンディーニの他に悪名高きパガーニもデザインしてるし、ジウジアーロのデザイン案もあった。実にジウジアーロっぽいデザイン。ガンディーニみたいな狂気を感じないから、ランボには合わなそう。ディアブロはガンディーニで良かった。初期型の内装デザインって一体なんなの?って疑問があるけど、内装デザインオールリニューアルしてからのディアブロはホントカッコイイなぁ。ボクはリトラも好きだし、Z32のライトを組み込んだ固定ライトもどっちも好きだなぁ。

ただ日本で走ってるディアブロのコトを思うと、涙がこぼれないように思わず上を向いてしまうのであった。

f0161788_2235627.jpg
このディアブロカッコ良かったな。ただ夜はわかんないw
[PR]
by silverwing95 | 2013-05-08 22:13 | other cars


以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月

カテゴリ
全体
993
PORSCHE
ROCKS
diary
Books
other cars
iPhone&Mac
箱根・大黒
写真機

お気に入りブログ
Easygoing ポル...
www.99663.com
ドカポルGS
徒然M8写真集。
戦闘的に走れ!
うにうに頭の考え事
お気楽亭主の車道楽
ランランラン
横浜、ディズニー、ファミ...
ポルシェ 993RSとの...
猫と暮らす、車と暮らす
The turning ...
All things t...
new!! DRIVE IT
神戸Cayman物語
I'M NOT A BEAR
やっぱりポルシェは止まらない!
1% のポルシェ カイエンMT
駿河日記
ケイマンと共に
Flat & Straight
Driving Side...
Pick Yoursel...
GT3-cup のEgほしい
続々・ポルシェ Caym...
オシリ大好き~
蘭丸な日々
Villa Jovis
993パニック!
blue moment +
モーリシャスからの贈り物

その他のジャンル